日経平均株価やニューヨークダウ指数を見る限り、地味な上げ下げを繰り返していますが、個別銘柄に目をやると、けっこう株価の値動きが荒くなってきました。
 よく「PER(株価収益率)が高くて割高」という見方を聞きますが、そのモノサシになる一株利益の水準があてにならない環境なのに、それを比較するPERで割高・割安を議論してもあまり意味がないと私は考えます。
現在のモノサシは、「破綻を覚悟して形成された株価が破綻は避けられるかも」というムードに変わり、売られすぎた反動としてどこまで戻りが期待できるのかというコンセンサスだと思います。
あらかたの優良企業の株価は解散価値まで戻りました。ここを今から攻めて儲けようと試みてもたかが知れているので、「少し危なっかしいけど、大きく売られて戻りが期待できる銘柄」が物色されているようです。株式投資が好きな人にとっては、やっとおもしろい相場になったと喜んでいる人も多いでしょう。
 証券会社の店頭では、いわゆるテーマ型投資信託が売れています。自分では銘柄選択ができない人が、元気の良い営業マンに押されるように買っている様子が目に浮かびます。
こうした割高・割安を見て投資する人ではなく、「とりあえず投資してみよう」という人のお金が市場に流れ出すと、株価はジリジリと上昇し、下がりづらい相場環境が形成されていきます。
 続いて、現在私が注目しているのは外人買いです。ここまで世界的な株高が進んでくると、出遅れた投資家に焦りが出ます。本人も出遅れた思っているので、もう少しこの世界的な相場高の堅調さが続くと、世界で出遅れが目立つ日本株に外人投資家は注目せざるを得ないと考えます。
もしこの外人買いまで誘うような相場になれば、このところの地味な値上がりしかしていない日本株の値上がりにはずみがついてくる可能性もあります。
私の中では、当面日本株相場の先行きに弱気になる材料は見当たらないのですが・・。私の見方です。はずしても恨まないでくださいね。
 そして個人的には短期的な値上がりを狙うゲリラ戦を行うなら別ですが、そうではなくて、中長期の視点で株式投資を考えるのであれば、ここからの買いは慎重であるべきだと思います。
 それにしても、期間2年利率5.1%のソフトバンク個人向け社債は早々と完売と打ち上げ、最近ではポピュラーになってきた銀行の期限前償還条項付劣後社債も人気の的だとか・・。
円建て金利確定利回り物の金融商品の今後も楽しみになってきました。