退屈な相場が続いています。上がるでなし、下がるでなし。新規投資のタイミングをはかるのが難しい相場です。「予想外の失業率の上昇、雇用の減少」が下げ要因として上げられていますが・・。そうなんですかねえ??別に下げたことに無理して理由をくっつけて安心する必要もないと思うのですが。
 欧米の失業率が9.5%。10%台の大台乗せは必至。個人消費の後退に拍車をかける。それで相場が下げたのであれば、米ドル不信、ユーロ不信が高じて、金価格上昇といきそうなものですが、金価格も920ドル台に軟調下落、原油価格は66ドル台いいところなし。
 「相場も目先大きく上昇する気配もないし、とりあえず利益を確定しておこうか」と単純に考える人がいて売却しただけのことではないでしょうか。現在の相場の参加者は、値動きに関心があるのであって、投資対象の今後に期待して投資している人は少ないと私は考えます。
したがって、投資対象の思い入れは少ないので簡単に利益確定を行う。逆に言えば、少し下がれば躊躇無く「取り敢えずの買い」を入れてくる。そんな投資行動だと私は考えるので、5月の連休明け以降は、この相場を理屈で考えることをあきらめました。
 なんどもこのブログで書いておりますが、私はムードの風を読むことに徹しています。ムードに焦点を当てると、売りたい人よりも、やはり買いたい人の気のほうが強いように私には感じます。
 ところで、私の尊敬する友人であるファイナンシャルプランナーの目黒政明氏が「金投資」についてセミナーを行います。彼ほど言葉を大事にして丁寧に説明できる講師は他にはいないと思います。私のように情緒的な話になってしまう人間としてはうらやましい限りです。
 その彼が「金投資」について話をします。同じく私どものメンバーに金の専門家として活躍している亀井幸一郎氏がいるわけですが、当然亀井幸一郎氏では聞けない彼なりの構成を立てて、話をしてくれるのだと私は期待しています。こんな書き方をすると、目黒氏のプレッシャーになってしまうかもしれませんが、あえて「期待」と申し上げたいと思います。
 日時は来週7日(火)18時30分始まりと9日(木)14時始まりで、ともに会場は中野サンプラザ8F研修室で行い、参加費は1000円となります。
興味がある方は、「生活設計塾クルー」と検索いただき、「クルーセミナー開催のご案内」で詳細を確認してお申し込みください。