天の時、地の利、人の和。今はやりの天地人。来週以降の相場は、自分の得意な投資対象を、確実に勝てると考える水準とタイミングで投資できるチャンスだと思います。
 これから考える人は次回のタイミングを待った方がよいかもしれませんが、これまで「これがこの水準まで下がってきたら投資して損はないはず」と考えてきた人にとっては良い相場になってきたのではないでしょうか。
 目先の値上がり利益を狙って投資してきた人、目先は絶対上がると賭けて投資してきた人は、今週の下落で蹴散らされました。たいていの人は「今は様子を見るしかない」と、新たな買いについては慎重になっています。さらに軟調地合いが続くと見れば、「もう少し高いところで利益確定しておけば良かった」と今週に引き続き、利益確定の動きが出るかもしれません。
「買い手が様子を見て、売り手が増えれば、値が下がる」のは道理です。
 私はもし来週以降にそういうタイミングがあれば、余力がある人、余力ができた人にはチャンスの目を持って、そのタイミングを迎えていただきたいと思います。
 得意な「投資対象」を自分の「タイミング」で勝てると考えた「水準」で。そんないくつも好条件が重なる機会はそうあることではありません。