よく相場過熱してくると、「まだ上がっていない、割安で放置されている銘柄はないか」と割安なものを物色する動きになります。普通に考えれば、他が上がり始めたのに上がる気配を見せないのには、それだけの理由、根拠があると理解できます。

 「これまで他に比べれば上がり方が小さいので、相場が崩れても値下がりの幅も知れていて安心」という説明をその都度聞きますが、私の経験では全くそんな印象を持っていません。
出遅れ銘柄も、全体の相場が大きく下落すれば、同じように大きく下落するのです。
むしろ出遅れ銘柄は相場が過熱したときにだけ注目される銘柄ですから、下落した後、長らく投資した買値まで戻らないことがよくあります。一方、勢いよく値を上げた銘柄は「下げったら買いたい」と待ちかまえる投資家がいますから、相場が持ち直すと同時に買い直されることが期待できます。
 日本株はその他世界株式、アジア株式といった範疇の中で比較すれば、正に出遅れています。しかし、日本の固有の事情でなくても、たとえば中国株が暴落したり、米国株式が暴落したら、おそらく日本株も同様に暴落することを覚悟しなければなりません。もしかしたら、その火種は為替市場かも知れませんし、商品相場や不動産市場なのかも知れません。
 世界中、どこもかしこも、過熱感が高まる中、何が起こるかわからないという、本来のリスクが高まってきているように思います。