非常に投資環境の先が読みにくい状況が続いています。値上がりの値幅はさほどびっくりするほどではないですが、ジリジリとかなり時間をかけてここまで上昇してきました。下げすぎた相場の反動とはいえ、2,3月を底に半年も株高・円安傾向が続いています。

 日経平均株価で言えば、1万円の大台を固めて更に上をめざすのか、それとも天井圏内での往来相場にはいるのか、再び1万円を大きく割り込むような急落が入り上昇基調に調整が入るのか。どのパターンになっても不思議はない環境だと思います。
 個人的には、相場がどっちに転んでも良いという立ち位置で、もう少し相場の先行きが見やすくなり、「ここは勝てる」というタイミングを待ちたいと考えています。
 今日の相場はどうだ?アジアは?ヨーロッパは?米国は?
 為替相場はどうなっているのかなあ?
 みんなはどう思っているんだあ?
 ・・・・と、非常にせわしく、落ち着かず、眠れない夏の夜を過ごしてる人はいませんか?
 気の毒ですが、もうしばらく、その状態が続くと思います。
 もしそんな方が私のところに相談に来たら、こう尋ねます。
 「このままがんばって投資を続けて、その価値は今後どれくらい高くなるとイメージしていますか?」
 「もう少し我慢すればいくらになると思う」と明確にイメージしている人であれば、「がんばってください」と応援します。そうでない人には、ポジションを閉じて決着をつけるか、放っておいても相場が気にならない程度にポジションを減らして、頭をリフレッシュすることをお勧めするでしょう。