世の中はなかなかおいしい話は無くて、「一方から見れば割安だけど、一方から見ると割高で、全体としては投資する気になれない」というのが普通です。

 外債投資で言えば、日本人にとって、金利が高くて、円高の時に投資できれば最高なのですが、そんなうまい機会は余りなくて、大抵は「金利は高いけど円安」か「円高だけど金利が低い」状態です。
 一時の「これが長期金利か」と目を疑う低金利の状態が続いていましたが、やっと金融危機の影響で安全資産である国債に向かう動きが止まり、長期金利の水準として、少しまともな金利水準に戻ってきました。しかし為替水準も円安に振れてきたので、ちょっと前の円高水準に外貨MMFで為替を押さえてきた人であれば外債投資のチャンスが戻ってきましたが、新規に外債投資する人には躊躇してしまう水準です。
 しかし・・・。しかし・・・。世間で言うように、景気回復期待で金利が更に上昇し・・・・。
世間で言うように、安全資産である円(???)に資金が回帰しいっそうの円高が進行するのであれば、外債投資の新規投資のチャンスになるかも知れません。
「株高・金利上昇+円高進行」
 「株価の今後の動向を考えていたら頭が痛くなってきた」という、そんなあなた。
是非、外債投資の機会として、株価を横目に見ながら、金利と為替動向でチャンスが来ないかと思いをはせてみてはいかがでしょうか。
 日本株式だけが、株式だけが、投資対象ではありません。