日本株、アジア株が急落し、欧米株式が続落。株価水準の居所で、強気になったり、弱気になったり、神経質な相場になっています。個人的には、しばらく、下がらないけど上がらない相場が続くと想定しています。

 下がらない相場にじれて、買いを待ちきれない投資家が様子見買いを繰り返すけど、なかなか利益確定するほど株価が上昇する機会もなく、だんだん買い方も目先の上昇をあきらめて手を引き、売買は閑散、ジリッと頭が押さえられた夏枯れ相場になるのではないでしょうか。
 今週が夏枯れにはいるかどうかの見極めの週になると思います。今週、ダラダラと元気のない相場で終われば夏枯れ相場に入り、次の吹き値の機会があれば、そこが目先の天井になると私は考えているのですが、どうなるでしょうか?
為替相場はもう少し円高への調整はあるでしょうが、大分水準は円高に振れた後ですから、ここから一方方向に円高が一気に進む流れにはならないと考えています。したがって、円高進行を材料に株価が売られる場面はそんなに弱気に見る必要はないと思います。
 本日は私の債券セミナー2日目であり、最終日です。昨日、参加された方が債券の利回りに興味を持っていただく機会になったら幸いなのですが・・。
本日も債券投資の語り部として、債券投資に興味を持つ人がまた一人と増えるように話をします。