海外市場頼みの日本株式市場ですから、米国市場が休場していては売買のモノサシが見つからず、参加者が寄らず、商い、売買代金が細るのは仕方ないことですが、2兆円程度あった売買代金が半分程度に落ち込み、しかも値動きの幅もない。朝買われれば、その後売られ。売られて始まれば、その後買われて戻し。売った人、買った人がただ売り戻して、買い戻して終わり、みたいな感じが繰り返されています。

 このまま現在の位置に投資家が慣れて、下げを待っても下がらないと買い相場のリスタートになるのか、それとも、買い妙味が目先感じられないと買いが撤退して下げ相場となるのか。
 ただ私の中では、為替相場でこれ以上の水準での円独歩高期待は後退したように思います。株式相場よりも一足先に、現在の為替水準に投資家が慣れたのではないでしょうか。
 株式相場から個人が去り、頼みの外人が去り・・・。この買って利益を出すことが難しい日本株相場よりも、もっと割安な相場はないのかと一度まわりを眺めてみるといいのかもしれません。
 マンガで一休さん、ご存じでしょうか?
難しい判断の時に、チョコッと座って、目を閉じて、「気にしない、気にしない、一休み、一休み」と思案するマンガ主人公です。そんな感じですかねえ。