相場の基調が強くて、大半の投資家が投資に踏み切れなかったと悔やむときは、買いたい気持ちがはやっているから、出遅れている銘柄を物色したり、円高など相場に障害になるような材料を目の前にしても、「だったらディフェンシブ銘柄」と気持ちを換えて投資に臨む人は多いが、現在のように、投資する気持ちがいったん切れてしまった状況になっては、出遅れ銘柄の選択はしない方がよいでしょう。出遅れるにはそれだけの理由があるわけですから。相場が下げれば、出遅れ銘柄も同様に下げることになります。

 円高になりました。これからも円高が進むかも知れません。株安になりました。これからも株安になるかも知れません。リスクは取りたくないから、とりあえず現金のまま、もしくは国債にでも投資しよう・・・
これは非常にもったいない選択だと思います。
 円高の時に外貨投資、株安の時に株式投資を始めた方がよいことは、誰もが納得するところでしょう。なんで、ディフェンシブ銘柄を選ぶのでしょうか?目先、円高が進みそうだから、これまで相場を先行してきた輸出主導銘柄は恐くて買えない。
 であれば、ディフェンシブ銘柄は株式投資の対象として、リスクに見合った対象なのでしょうか?
どの程度、リターンの目安があって、取り組むのでしょうか?
 「株価が下がるのが恐くて、リターンの目安も明確ではない」なら、株式投資はお休みした方がよいでしょう。
 むしろ、円高懸念が広がって、日本株全体が売られている、このチャンスに、売られすぎている銘柄はないのかと、積極的にリターンを追求して、割安銘柄を求める人が株式投資に参加するのが本来の流れだと思います。
 だからと言って、今が株式投資のチャンスだと言うつもりはありません。まだチャンスは先に控えていると思います。ただ、以前から機会があれば新規投資をしたいと考えていた人は、ここで再び弱気になって相場から目を離してしまうのはもったいないと申し上げたかっただけです。