野村証券株が値上がりしているコメント、「国内外の公募株式の需要が思いの外、高かった」、「世の中には金が余っていて、市場価格では躊躇するが、公募価格のように価格が固定されたものなら安心とお金が向かっている」などなど・・・。本当かあ??私は、このコメントに納得できません。

 相場の地合いが強く、大きな買いを入れると、自分の買いで株価を上げてしまう状況であれば、こうした公募株人気が高まるのは道理だと思います。現在の相場は、「上値が重い」と思った途端に、投資意欲が萎えてしまうような軟調相場の最中。
 どう考えても野村証券株の上昇は、「もっと下がるぞ」と思って売っていた人たちや、「安い公募株を現渡しして、利益確定しようと思ったのに・・・」という当てがはずれた人の買い戻しと考えた方が自然ではないでしょうか。
「公募価格のように価格が決まったものの方が買いやすい」??
それって、どんな投資家?
個人?機関投資家?ヘッジファンド?私だけでしょうか、このコメントに違和感を覚えたのは?