2日連続して、ニューヨーク株式は100ドル下げる展開となり、本日の日経平均株価の引け値は1万円の大台を意識する10200円のところまで押されてきました。個別の銘柄を見れば、「そろそろ」という値頃感のあるものもちらほらと見えてきた水準です。

 今回の下げの理由は「米国景気の底堅さで政策金利の変更が近いかも→米国金利上昇→ドル高→ユーロ・商品などの利益確定が進む」という、なんとも不可思議なもののようです。
私の解釈は、ただ単に「利益を確定するタイミングを見ていた人が、取り敢えず売ってみた」から下がったのだと思っています。したがって、売ってみたけど、案外強いと思えば買い戻すでしょうし、弱いと思えば売りが加速し更に下落すると思います。どっちに転ぶかは今週、遅くても来週には見えてくるのではないでしょうか。
 確かに日本株相場は出遅れていて、他に比べれば手掛けやすい水準ではありますが、あえて海外市場が売られている中で日本株式だけを買う理由もありません。海外市場で売り込まれて日本市場に戻ってくれば日本でも売り込まれる結果になるでしょう。市場のムードがどっちに転ぶのかをしっかり見ていきたいと思います。