なんか変ですよね。政府、政権与党さんが「株安・円高対策」を考えていると思わせぶりな発言を繰り返すのは・・・。新政権・与党が目先のことばかりを話題にして、自民党政権では出来なかった新しい日本の将来像がいつまで待っても伝わってこない、伝えるものがないのかもと疑うムードが正に円高・株安の進行を招き、デフレ不況が心配される要因になっているのに・・・。

 また株高・円安対策だと称して、「金をつければいい」なんて、安易な、その場限りの景気のよい話をするだけで終わるんじゃないでしょうねえ?あんまりマーケットに期待させないで欲しい。
「どんな日本にしたくて、そのために今何をしているのか」。今と将来のイメージがつながらず、見えてこないのは政治の怠慢だと思います。目先の大言ではなく、政治家がやるべきことを粛々やっていただくことが株価対策であり為替対策だと思います。やった振り、頑張っている振りを見せられているようで、最近少々嫌気がさしています。
 政治が相場に横やりを入れなければ、ドバイショックも時間が解決し、今回の株急落、商品価格急落、円の独歩高でつけた水準が相場の底近辺の風景を見せる結果となり、再び相場のあるべき水準を模索する流れに入るような気がしています。
 だから余計、今回の政府の思わせぶりな発言が軽挙妄動でないことを祈ります。