いやーあ、戸惑いました。突然、インターネットが利用できなくなってしまい、本当に困ってしまいました。なんか変な感じがしていたんですね。ここ数日・・インターネットの調子が悪くて。

 何が原因か??もしかしたら、もしかしたらで、あれこれと手を尽くしましたがダメで・・・。

結局ダメで元々、そこでは解決がつかなくても仕方ないと、通信会社に連絡したら、あっけなく解決しました。なんでも、モデムに静電気がたまっていた可能性が高く、電源を抜き差しすることで、またインターネットが快調に使えるようになりました。やはり、専門家が回りにいて聞けると助かりますね。
 一昨日の金曜日は、半ばボランティアで「40代のお金の話」というタイトルで話をさせていただきました。時間が平日金曜日夜七時始まりですから、40代のサラリーマンの参加は難しく、「奥様が主体になるのかなあ」、それに聞く側が内容をイメージしにくい非常に曖昧なタイトルなので、「集まりが悪いのでは」と予想していました。
 実際、確かに参加いただいた人の人数は少なかったのですが、私にとって意味がある機会となりました。このご時世で「今後のライフプランを立ち止まって真剣に考えてみる必要がある」という人が非常に増えているように感じました。
「どうしたら儲かるか」「どんな投資が自分に合っているのか」「どんな金融商品が得なのか」
もちろん、そうしたことに対する興味・関心はあるのですが、現在の見通しにくい世の中になって「現在準備しておくことはないのか」、「現在工夫すべき事はないのか」という、もっと生活で基本になることを確認しておきたいニーズです。
「こんなことで悩んでいませんか」「こんなことで不安に思っていませんか」。現在「何が不安であるか」と明確な不安になっていなくて、ただただ不安にさいなまれている状態。
そういえば「あれも不安、これも不安」と漠然とした不安がどんどん膨れていってる様子が見えてきます。そんな状態のときに、いきなり勝算もなく投資を始めて、うまくいくはずがありません。
私は
「投資はやらなくちゃいけないものではありません」
「投資はやる前よりも、やった後のほうが悩みは大きくなるものですよ」
「投資はそれをするとどんだけのリターンが期待できて、どんだけのリスクを覚悟しなければならないのかがイメージできるものを選びましょう。それができなければ、投資をするにはまだ早いということです」
「投資はやるやらないは別にして、知っていて損はないものです」
と伝え、最後に「もしこれから投資の勉強をしたいと考えて興味がありましたら、私が書いた『いま債券投資がおもしろい』という本を読んでくださいね」と紹介しました。
 私は昨年の今頃、09年は「割安に投資できるチャンスの年」だと考えました。そして10年は「投資した人が報われるラッキーな年」だと考えています。特に、これまで投資に積極的な取り組みをしていなかった人が始めるにはいい年になると思います。
 今週は日経平均株価1万円、米ドル90円を固め、弱気筋の見方が後退すると見ています。これまで高かった反動で売られた「ユーロ」「豪ドル」「金」などの下値も見えてきて、円が相対的に弱くなる基調が続くのではないでしょうか。