日経平均株価は10600円台に乗せて、高値警戒感を懸念する声も出ています。私は逆に高値警戒感で上値が重くなる展開よりも、10700円台を抜けると、順バリ投資の人が参加しやすくなり、上値を抜けていくスピードが加速する可能性のほうが高いと想定しています。
 この水準では、個別銘柄投資よりも、投資に出遅れた人は「日経平均株価」や「TOPIX」を使った、取り敢えずの買いが増えて、日本株全体の水準が切り上がっていく展開です。
そうなるかどうか・・・。クリスマス休暇明けの米国市場で、「日経平均株価の水準がどう評価されるか」が楽しみですね。個人的には、日本株の持たざる不安を外人投資家が意識してもおかしくないほど、最近の日本株上昇は目立つトピックスになってきたのではないでしょうか。
楽しみにしています。本日の米国市場。