「底買えず」という相場言葉があります。底値だと思って買ってみるけど、そこは底であらず。また下げる、まだ下げる。相場の下落局面で、割安だと思って逆張りで投資するのはしんどいですね。

 相場の上下は繰り返されるもの。上げ続けることもなければ、下げ続けることもない。
 「そろそろいいんじゃない?」と以前から考えていた投資水準まで下がってきたのなら、その感覚を信じて、取り敢えず、モノサシとして少し買ってみたらいかがでしょうか?
底値は、後から振り返ってはじめてわかるもの。「底値では買えないもの」と先人の方は教えてくれています。だけど、底値圏で投資することは可能です。底になる前か、後かはわかりませんが・・・
 そこらへんで買う ・・・・・底ら辺で買う   
ダジャレではないですが、現在は2010年のそこら辺のような気がします。
 いやあー、株価も為替も、いい水準になってきましたねえ。