以前にも書きましたが、私は自動車メーカーでは、おごりがあるトヨタよりも、「純粋に車が好き」という姿勢を感じるホンダが好きです。

 トヨタの社長として、本家社長が誕生したときには、「あ〜あっ」とため息をついたほど、危機感のないトヨタという印象を持ち失望したのを覚えています。
 しかし本日、豊田章男社長が米国の地元トヨタ関係者に見せた涙を見て、これが新生トヨタのスタートになってくれれば、そして、今回のリコール問題がいい機会、チャンスになってくれればと思いました。豊田社長にとっては、米議会の公聴会で証言するなんて、夢にも考えていなかったことであり、人生の価値観を大きく変えてもおかしくない経験になるのではないでしょうか。
 是非、トヨタに変わってもらいたい。そう思いました。トヨタの社員の方は、どう今回の事を受け止めているのでしょうか。今後に、すごく期待しています。本当にすごい会社になるきっかけになればと心底、期待しています。