相場は本日も小康状態。政治と同じように、何をやってんだか、ダラダラと時が過ぎている感じですね。ただ相場のほうはエネルギーが溜まっていて、「できれば、もっと割安な水準で投資したいけど、みんなが割安になるのをあきらめて投資を始めるなら自分も少し買ってみようかなあ」と考えている投資予備軍の人は増えてきているように思います。いわゆる、「きっかけ待ち」状態。
 すでに投資している人であれば、桜の開花と同じように、「今は何分咲きかな」と花の開き具合を楽しみにしていたらよいのではないでしょうか?投資していないわけではないのですから、追加投資を切羽詰まって考えていないのであれば、あえて毎日の相場を凝視してウオッチする必要はありません。強い眼力と相場の上昇とは余り関係はないと思います。時間の問題です。いつか桜の花は咲きます。ゆったりとその日を待ちましょう。むしろ、「どのくらいになったら、売却を考えるか」を今のうちに想定しておいた方がよいと思います。