こんなタイトルにすると、また「アクティブ型ファンド頼りなし」派の方々にはひんしゅくを買うことになりますが・・・。現在のように、何を買っても、どのタイミングで投資しても、利益が出る環境ではなく、しかも水準で投資しても、値上がり利益があまり期待できない環境で、あえて投資するのであれば、銘柄の選択とタイミングに気を使う必要があると考えます。

 もし、そんな値動きがある程度想像できて、割安・割高の勘所が働く銘柄が思い浮かばない状態の人には、新規の株式投資は余り勧められません。そういう方は違うリスクとして、外貨投資の検討を優先された方がよいと思います。株式投資の旬な時期は、残り1カ月程度がせいぜいで、その後にも熱を帯びる相場があったとしたら、とても気楽な感じで株式投資を行うことが難しい環境になっていると想定します。逆に言えば、この1カ月は、これまでリスクを取って投資してきた人が報われる時期だとも言えます。早回しで、これから1カ月先まで見てみたい衝動に駆られますが、楽しみにして味わいましょう。