昨年の春先と比べると、株価は大きく上昇し、円安にもなっています。当時は、「外債型投信で、なぜこんなにも損をすることになったのか」と悔やむ人が溢れましたが、この1年で大きな評価損がトントンからプラスに変わった人もいるでしょう。
 日経平均株価11000円台、TOPIX1000ポイント台に乗り、相場は過熱状況にあるというコメントが必ずついて回ります。
 しかし、ドラマ「臨場」の検死官の「俺の見立てとは違うなあ・・・」という言葉のように、私には、どうしても過熱しているようには思えないのです。この相場に、どれだけの人がリスクを取って参加し、十分なリターンを得たという実感があるのでしょうか?
 むしろ、「あーこんなに株高になっちゃった」、もしくは「まだ私は損をしている」と、この相場上昇を前向きにとらえられない人の方が圧倒的多数なのではないでしょうか?
株高・円安がジリジリと進み、押し目がない状態が続き、自分には関係ないものとして相場に対するワクワク感がどんどん失せている投資家が増えている感じさえ受けます。
 現在の相場を支えているのは、「まだ下がる」と考えていた投資家の買い戻し、そして、「日本は投資する価値無し」と投資割合を引き下げていた投資家の買い増しであって、腰の入った前向きな投資資金が国内に流れてきているとは到底思えません。
腰の入った前向きな国内外の資金が入ってくる頃合いまで、現在の株高・円安の堅調な展開が長続きするかどうかはわかりませんが、現在の状況がすでに過熱している状態だという見方には違和感があります。それほど、投資の関心が大衆化・一般化しているようには思えません。