「民主大敗」という言葉に非常に違和感を感じています。今回の結果は、政権交代後の民主党与党の仕事ぶりの評価としては至極当然の結果だと思います。しかも「消費税引き上げの話しをタイミングも考えずに取り上げたから選挙に負けた」と公然と言い放ち、選挙の戦い方や見せ方にしか関心を持たないピントのずれた政治家の姿を見ると、「どんだけ負ければ目が覚めるのか」と唖然としてしまいますね。

 みんなの党の威勢の良さ。政権交代時の民主党を見るようでした。民主党は見事に国民を裏切りましたが、大いにみんなの党には正論を吐いてもらい、内輪に縮こまろうとする民主党や自民党の尻を叩き、「そんな先送りで国民の目をだませると思っているのか」と改革を前に進めるエンジンの役割を期待したいものです。
 今度こそ、「これで変わってくるかも・・・」という期待を持たせて欲しい。
 政治を停滞させ、これ以上、投資環境の足を引っ張らないで欲しい。
 ただ言うだけ、言ってみただけの円安・株高のリップサービスなんかいらないから。