ユーロはドルに対して戻ってきましたので、水準が中途半端なところにありますが、その他の為替や、株価の水準は「もしあまり円高に振れないようなら」「「もし株価や安くならないようなら」・・・・

取り敢えず少し買ってみようか、どうしようかと迷う人が増え始めているように思います。
 「だけど専門家のほとんどが今週は円高に振れやすいと言っているしなあ・・・。その時を待つって手もあるし・・・・」と、気持ちは右に行ったり、左に行ったり。
「買って忘れる」を覚悟で少し投資するか、「相当の確信がない限りは新規投資はしない」と決めて、相場から距離を置くか。どちらのスタンスが自分に合っているのか。
一歩身を引いて、投資と付き合わないと夏バテしてしまいます。