政府・日銀がやっと腰を上げて、円高けん制を行った結果、売りの買い戻し、様子見姿勢で、円高・株安進行がいったんは止まりました。しかし、政府・日銀の今後の対応に実なしと市場は見限り、そして、政府・日銀の弱腰姿勢をなめきっているので、自立反発期待などムードで動く円安・株高はあるにしても、転換まで期待するのは少し先になりそうです。

 ただし、さすがにこれだけ政府・日銀が無策・無能と内外でこっぴどい非難を受けた後ですから、目も覚めたでしょう。何にもせずに嵐が過ぎ去るのを待つというこれまでのような対応は許されず、来週の相場は「今にも出そう」という夏の幽霊のように、株安・円高を狙った投機筋にも警戒感は出てくるのではないでしょうか。売られすぎたものが水準訂正する機会はあると思います。
 しかし、それにしても・・・、情けない。この期に及んで、なぜ「週明けに菅総理と白川日銀総裁が円高問題で緊急協議」という話しがニュースになったりするんですかね。
日本と中国や米国の首脳会談でもなく、国内の問題で、しかも緊急課題で、誰かがお膳立てをしなければ話し合いができないのでしょうか?なぜ、なぜ・・・土日を挟むのか。これが国益を守る人たちの対応でしょうか?緊急時の対応は当たり前にマニュアル化していて、自然と体が動くように訓練ができているのだと思っていました。まるでリハビリが必要な関係ですね。
 今週のニュースの中で、?大和証券グループが中堅リートDAオフィスを割安だと判断し筆頭投資主になった、?野村ホールディングスが農業ビジネスに参入という記事が印象に残りました。
野村の場合は、小さいところから育てていく事業のようですから株主に断りのいる話しではないと思いますが、大和の不動産事業への投資は株主への説明責任が必要な大きなリスクを取ったのではないでしょうか。今後に注目です。