いい、悪いは別にして、米国は追加金融緩和を表明し、日本も、円高・景気対策両面の対症療法として、単独為替介入の姿勢を継続し、政府・日銀一体で追加金融緩和に舵を切らざるを得ないところまで追い込まれてしまいました。在庫の少ないカンフル剤ですが、景気をカンフル剤ぐらいでは役立たない状況にしてしまう前に、本数を増やして打つことになる可能性が高くなりました。

 相場の頭を押さえる要因だった、金融規制強化は先送りが決まり、不揃いの出口戦略も暗黙の了解として優先順位を下げ、相場を更に押し下げていく当面の重石は取れました。
 しかしながら、課題が解決したわけではなく、食い散らかして、市場の不安心理、不信感が高まってしまっただけの、先行きは混沌状態。金価格の上昇など、消去法の選択でマネーは行き場探しに困り果てています。
 悲観に走りすぎて割安が放置された状態から、反動の戻りに期待して乗ろうという動きが出だしたのが先週の動きであり、今週はその動きが一時的なものか、それとも、「もう少し、もう少し」とこの動きが太いものになっていくのかを確認していく週になるのではないでしょうか。
 したがって、膠着状況の中で、円高・株安の修正期待が更に高まっていくと私は想定します。
 政治で言えば、現在の民主党政権は我を通そうとせず、「世間からどう見られているのか」を真摯に受け止めたうえでの態度、対応が求められていると思います。