米国株式や新興国株式は堅調な元気のいい展開を見せる中、同じマーケットにあるにもかかわらず、日本市場は見放され、取り残され影が薄い状況です。

ここまでくると、奥ゆかしいというのは皮肉であり、主張がないということの現れでしょうか。
 同じ追加金融緩和を表明しているはずなのに、米国は「何をしてくるのか」と一挙手一投足に市場は反応するけど、日本は「何かしたところで知れたこと」と期待もしなくなってしまった。この1年間、政局に明け暮れ、金融経済・景気対策を放ったらかしにして市場の関心を裏切ってきたつけです。
 具体的なリフレ・景気対策で、みなが納得するような施策が打てるのか、それともこれまでのように「言ってみただけー・・・、いろいろあってねえ」と、やるフリ先送りで終えてしまうのか。
いったん珍しく断固たる決意を見せ日本のやる気に注目された今のタイミングは、市場に「日本って市場もあったよなあ」と思い出してもらうのにチャンスなのですが・・・。
 「日本は割安な市場だ」と期待される展開を望みたいのですが、残念ながら、「日本が買われるようになったら、そろそろ相場も終わり」というモノサシになりかねない状態がさびしいですね。