今週は米国中間選挙の結果、FRBの政策決定会合での追加金融緩和策の内容発表、その結果を受けた日銀の対応と注目されることが目白押しです。そして結果として、相場の向きがいずれに向かうのか。ドル安なのか、ドル高なのか。株高なのか、株安なのか。

他国通貨は安くなっても、円は高い。他国株式は高くなっても日本株は上がらない。そしてドル安になると円は高くなるし、世界の株式が下がると日本株も下がる。国内株式や米ドル投資を行っていた日本人にとって理不尽な相場展開がこれまで続いてきましたが、今後に変化は期待できるのでしょうか。
 米国の追加金融緩和策は市場での値動きにかなり織り込まれているので、どんな結果が出ても材料出尽くしで相場は暗転するという見方もありますが、個人的には追加金融緩和策はまだ始まっていないわけですから、もし暗転しそうなムードになれば、さらなる追加金融緩和策を市場が駄々っ子のように求めることになるだけなので具体的な政策が発動され結果が問われる段階まではリスク資産への投資を支える相場は続くのだと思います。それが善良な投資家の資産形成のその後に打撃を与える結果に導くことになるかもしれませんが・・・・。
 高値を警戒するムードの高まりから割高に買われていた対象に突如調整が入る機会が増えると思います。そういう意味では株価が堅調に推移する中で、行きすぎたポジションの買い戻しが入りドル安の修正はあると想定していますが、日本と米国は同じ追加金融緩和期待の最中にあり、相殺されて円安に戻る幅は余り期待できないと思います。
 下げれば買い、上がれば欲をかかずに利益確定を行い、2010年最後のボックス相場に有終の美を飾りたいものです。