FRBの追加的金融緩和を行使する意思表示により、良い、悪いは別にして、景気停滞から目をそらして政治は先に進まないというコンセンサスに至ったと思われます。欧州は今回金融政策を変更することなく様子見の決定をしましたが、景気にまだら模様がある集合体ユーロはにわかに高まったユーロ安修正の危機感も抱えており、米国、日本に後追いして金融緩和の道に踏み込むことになると私は思います。

 積極的に買われた結果の「株高」「ドル高」ではなく、ジリジリと下値を切り上げていく株高、ドル高に対して、これまで「株安」「ドル安」に賭けてきた人たちが恐れを感じて買い戻す「逆流」により市場はあるべき相場水準を見失い、バランスを崩す形でリスク資産全体で割安が修正されて上昇していく可能性が出てきました。もし逆流が発生すれば年末にかけて大きな動きもありえると思います。
 ただしそうなるには、現在の「ドル安基調」を疑うムードに変わるかがポイントだと思います。
 「幹事長が努力して、直接会えたことは一歩前進だ」
いかにも小さすぎる。小沢氏国会招致問題で、岡田幹事長がやっと小沢氏との話を持てたことに対する菅総理のコメント。
「大きな仕事を期待されてもとっても私たちには無理」と、期待する国民のほうがどうかしているといわれているようなガッカリな仕事ぶりだと私はこのコメントを聞き受け取ってしまいました。