G20、APEC会議と続き、相場は様子見に状況。いずれのイベントでも、自国の安定した景気回復または持続をめざすための議論がなされ、その後は年末に向けて、前向きな勢いの良い話しが出てきやすい状況が続くと想定しています。クリスマス、年末の個人消費を大きく期待し、腰を折らない政策です。

 「何かせねば」と焦ったり、「何もしないでよいのか」と不安に思ったり、と落ち着かない思いをしている方が増えてきていると思いますが、ここは自分の「こうあってもらいたい」という気持ちから離れて冷静に、「今後の投資環境はどうなるのか」を大局的に見て、そして株式相場の高値・安値の目安などにフォーカスし自分なりに考える機会にしたらいかかでしょうか?
 本日はセミナーのご案内をします。
 生活設計塾クルー(クリックするとホームページ)主催
 タイトル「亀井幸一郎の投資環境の風を読む」
      デフレかインフレか金価格の上昇が意味するもの
 講師 亀井幸一郎(金融・貴金属アナリスト)
 日時 11月15日 (月) 14時〜16時    11月19日(金)18時30分〜20時30分
 場所 東京都中野区 中野サンプラザ 8階研修室
 参加費 1000円(当日受付で)
 問い合わせ 03−5342−6250
 申込は生活設計塾クルーのホームページでも電話でもOK
 頭の整理に役立つと定評があるセミナーです。是非ご参加下さい。
 ちなみに、その次の12月は私が講師を行います。その内容も、生活設計塾クルーのホームページ「クルーセミナー開催のご案内」に載っておりますので確認頂ければ幸いです。