明けましておめでとうございます。

今年がみなさんにとって、もちろん私にとっても良い年でありますように願います。
 一昨年は2010年は「前川さんにとってスタートの絶好の年」と言われ、昨年は「2011年2月から・・・」とか「2011年11月から・・・」とか言ってくれる人があり「まだスロットル全開の時ではないのか」と思って聞いていたら、違う方には「いままで走りすぎたので、少し休んだらどうか」と声をかけられ、「ええっ?」と思ったりしました。
 そこで現在の相場状況と同じように、「現在は底ら辺(スタート地点近辺)にあることは間違いなく、チャンスの時期と前向きに受け止め準備をしておくことが大事。ただし、まだ本調子ではないので、割高なところでは無理して勝負せず、養生しながら取り組む機会をじっくり探る」姿勢を2011年は守っていきたいというのが年初にあたっての私の気持ちです。
 せっかくこれまでの厳しい経験を乗り越えてきたのですから、その経験からつかんだ知恵を存分に活かしていく機会としていきましょう。