株式相場も為替相場も膠着となり煮詰まった状態になっています。
これまでは悪材料には反応せず、じり高を続けてきましたが、最近は良い材料に反応しにくくなってきました。かと言って、大きく株安になったり、円高になったりする心配もないようですから、ここは「そんなもんだ」と膠着状態を受け止めて、上下の小刻みな動きに、こちらの気持ちが乱されることがないように注意したいところです。
 そして、いつか来る目標水準がきたら売る、もしくは買うという心の準備だけはしておきたいものです。動きの少ない相場に、「なぜ動かぬ」とかんしゃくを起こしても良いことはありません。
ケセラセラー、なるようになる〜
信じて待ちましょう