昨日の日経平均株価は633円下げて9620円、そして本日も続落し9000円程度まで下げています。売買代金は通常の倍程度2兆8000億円程度まで膨れ、価格にこだわらず換金を優先したと思われる売りが殺到しています。こうなると、売りが途切れるまで反転は期待できません。

 また相場への関心も、震災被害状況はもちろんですが、これはすぐに解決する話しではありませんので、とりわけ、「福島原発の最悪な事態を回避できるのか」という点が注目され、夜間の海外取引でも、福島原発に関わる突発的な悪いニュースに敏感な反応を見せるようになりました。
 何もかも初めてのことなので、神経をすり減らし気の抜けない対応が続いておりますが、関係各署の方々の頑張りに期待します。地元消防団、ボランティア、救助隊、警察官、自衛官の皆さんの頑張り、尊敬します。節電程度のことしかできていない自分ですが応援を続けます。
 まずは福島原発の危機が完全に回避されることを願います。