昨日から繰り返し映像で出される福島原発の建屋の惨状はショックを受ける。「ここまでひどい状況だったのか」と。この映像を海外の人が見れば自国民に避難を呼びかけても当然だろう。
 言いたかないけど、大事なのは今後であることもわかるけど、「こうなるまでに、他にやりようはなかったのか」と国民の誰もが感じた瞬間だったと思う。
 株式相場はもちろん、為替相場も、おそらく商品相場も、今後しばらくついていく価値はムードに大きく左右され、根拠や秩序を見失った動きになる可能性が高い。したがって、人それぞれの許容度の違いがあるので、全ての人に向けて「割安の機会を捉えて」と言えませんが、そして株式投資は向き不向きがあるのであえて言いませんが、とりわけ為替に関しては言いたい。
 円高をこれまで待ち望んできた人は余力は残しながら是非円資産から外貨資産へ振り替える検討を淡々と行って欲しい。すぐさま大きく円安に転換することはないと思います。したがって、検討する時間も十分あるでしょう。是非、検討だけはこの機会に行ってみることをお勧めします。
現在為替は米ドル77円、豪ドル75円、ユーロ108円の水準までにきました。