日本株相場が軟調に推移する中で、外債にも投資していた人は、円安傾向に支えられて、日本株はマイナス、外債はプラスとなり、資産全体を安定させる効果を「あーそう言えば・・」と実感できる人がいらっしゃると思います。

 株式投資はやっていなくて外債投資を継続してきた人は、東日本大震災の被災地の様子を見て気分が重くなっていたところで久しぶりに自分の資産の状況を見たら、「損していない・・・。うん?むしろ円安で損していた外債に利益が出ている」と意外に感じている人もいらっしゃるでしょう。
 個人的には、外債投資のパフォーマンスを押し上げた円安がこのまま波乱無く円安基調で一気に突っ走るとは思わず、円高に振れる機会もこの先にあるでしょうが、基本、円高の底が切り上がっていく円安基調は続くと考えています。もし円安基調がもっと鮮明化すれば日本株式相場を支え押し上げる展開になると考えていますので、私は日本株の先行きは余り心配していません。調整場面にあると考えています。
 そこで今後は、日本株式投資を継続している人や円資産の割合の多さに迷っている人にとって、外債投資を併行して投資する分散投資はますます有効な戦略になると思います。是非、特にこれまで外債投資に興味の無かった人には外債投資の今後を注目して頂きたいと思います。