「原油価格は120ドル、金価格は1600ドルを通過点として上昇をめざす」というトレンドの鼻をへし折る調整が入り、原油価格は100ドル割れ、金価格は1500ドルを大きく割り込みました。利益確定のタイミングに迷っていた矢先の調整となりました。

 米ドル80円、ユーロ117円、豪ドル85円の水準まで円高が進み、個人的にはラッキーな円高機会だと考えています。株式投資に慎重な方にとっては、外貨投資に取り組むための仕切り直しの時期として是非注目して頂きたいと思います。あまり円高の行方を期待過ぎずに、「まあいいか」と思える水準から取り組み始めることを、現実的な対応方法としてお勧めします。底を買うことはあきらめましょう。