政治崩壊。自分の党さえもまとめらない政権に期待できないのは仕方ないかも知れませんが、崩壊後のリーダーシップも見えない中で混乱をあおった責任を政治家のみなさんには取ってもらいたい。

 「民主党はダメだから、どこに入れたらいいのかな」という不毛な選挙ではなく、衆院議員の数を3割程度カットして、ラッキー議員の当選を許さず、本当に、本気で政治家としての気概を持って頑張る人しか当選しない選挙の仕組みに変えてから選挙をして欲しい。
 こんな世の中のご時世で、ニコニコと政局を楽しんでいるような議員なんかに票を入れたくありません。できれば、「この人は絶対落としたい」とマイナス票を入れたい政治家がゴロゴロいます。
 政治を変えるには、まず多すぎる議員の数を大幅に減らし、ラッキー議員を撲滅することから始めるべきではないでしょうか。
 為替相場は再び円高となり、チャンス圏に入ってきました。