ポスト菅。ポスト鳩山、ポスト菅と、本来であれば不甲斐ないトップの後はやりやすいはずなのに、民主党には、この失地を回復するリーダシップの存在が見当たりません。誰がトップになっても変わりそうな気がしません。

 大政奉還みたいに、自分のところで何とかすることをあきらめて、頭を自民党か公明党の元気の良いトップにして、民主党は政権与党として全面的にバックアップし、力を尽くした方が国民のためだと思います。それでも引き続き、自分の保身のためだけに動く政治家ばかりであれば、政治家全部にペケです。菅総理でダメなら民主党なし。ポスト菅もダメなら政治家なしです。
期待を持たせてもらいたい。そう願います。
 相場は引き続き、「買って忘れる」割安なものがゴロゴロしている状態です。期待感の冷え切った相場にチャンスありです。