パソコンが世の中に出てきたとき、「こんなに高くちゃ誰にも買えない。実用的ではない」と言われました。それが大量生産で低価格化していくと一気に普及していきました。

液晶テレビ、プラズマテレビが出た時も。
ハイブリッドカーや電気自動車の時も。
スマートフォンが出たときも、最近ではLED電球が出たときも。
おそらく、大容量HDDを搭載したパソコンも将来駆逐されていくのだと思いますし、もっと将来には自然エネルギーの利用や自家発電が一般的になっていくのだと思います。
「あー、やっぱりそうなったか」とみんなが思い出したとたんに実現されるスピードが俄然速くなります。
「あー、円の代わりの通貨が見つかったら、円はアジアのローカル通貨のひとつでしかないんだろうなあ」
これは、私の中での「やっぱり」です。
せっかく円が強い状況を日本人が活かさない手がありません。チャンスだと前向きに外貨資産へのシフトを検討したいところです。