株式相場も為替相場もリセットの時期に入ったと思います。ここでは、現在持っているものに対して、割高・割安を冷静に判断するために、「今、買ったと思って見てください」と助言します。
 かつて、「あんな高いところで買ってしまった」と嘆いていても、そこの水準まで戻るとは限りません。逆に「あんなに安いところで買えたのに」と嘆いていても、再びそこの水準まで割安になる場面があるとも限りません。そこで、現在の水準で買ったとして、再度、「値上がりするなら・・・、値下がりするなら・・・」の目安を、過去の水準にとらわれずに立ててみることをお勧めします。
 もしここから、円安・株高のトレンドが見えたときに、安値覚えをしていると、せっかく円高の時期をずっと眺めてきたのに、結局円高の時期に投資できなかったということになりかねませんし、せっかく相場の盛り上がりを確認してきたのに、ただ見ていて終わりで、取りすぎていたリスクを落とすチャンスを逃してしまうことになりかねません。
 まだしばらくは上にも下にも大きく動く相場にはならないと思いますので、円安・株高のトレンド基調があれば、大事に丁寧に収益機会として活かしたいものです。いつでも決断ができるように、準備体操をしておきましょう。
 久々に、今後を楽しみに出来る機会となりました。