市場の不安や不満を無視して、政策遊びを繰り返してきた政府に、怒り、泣き出し、すっかり駄々っ子になりきってしまった市場は露骨に大きな飴玉をねだっています。「下がった株を買え。ドルを買え。できる限りの誠意を見せろ」と。

 村下孝蔵の「踊り子」の歌詞の歌い出しが耳に残ります。
答えを出さずにいつまでも暮らせない〜
 結局はまた、中央銀行頼みで蛮勇をふるってもらうのを待つしかない様子で、しかも一国ではインパクトがないので、主要国の中央銀行がタッグを組んで行うことになるのではないでしょうか。
 市場を無視した、配慮に欠けた政策の進行が、将来にツケを先送りする大きな飴玉を差し出すことになると思います。良い、悪いは別にして、相場はいったん底を確認し反転、駄々っ子は泣くのにも疲れてうとうとし始める日は近いと思います。