現在の相場は世界的な資金の流れが定まるのを見守っている状況であり、それがある程度、見定まるまでは投資に慎重な状況は続き、私は目先相場が大幅に好転することは期待していません。ただし、すぐに上がらない相場だから投資に不向きな相場だというわけではなく、明らかに割安状態で放置されているものは多く、中長期で考えられる資金であれば「どれにしようかな?」と投資対象選びに迷う状況に変わらずあると思います。

 したがって、今現在、相場を見るのがつらい状況の人には、こっちから積極的にお声掛けすることを控えて、しばらくになりますが、前向きに投資機会を探っている方には「今、こんな水準で投資できるなんてラッキーですね」「そうですね。私もそう思います」とワクワクした話になります。
 「今、買うのはどうですか?」「いいんじゃないですか」
こんな会話の繰り返しです。水準に納得していたにもかかわらず、「もう少し、もう少し」と爪を伸ばし、結局、投資機会を逃してしまうよりも、とりあえず、「買って忘れる」スタンスのほうがいいと思います。
 「今、買うのはどうですか」という話を聞くたびに、その人の元気をお裾分けしてもらっているようで楽しくなります。