昨日の米連邦準備理事会(FRB)は予想されたとおりの内容で事実上のゼロ金利など金融政策の現状維持を確認するものとなりました。ボールはユーロに投げられ、どう返してくるのかユーロからの返球を待っている状態です。もし自分たちに大きく波がかかる万一の状態に備えて、じっと行方を見ていて、余計な手出しはしないと決めているかのようです。
 いったんユーロは世界からお手並み拝見と突き放されて、どんな行動をとるかを試されています。
ドイツが他のユーロ諸国に向かって吐いた正論は、そのまま世界からドイツを含めたユーロ圏全体に突きつけられています。そんな様子を見る余裕が出てきたのも、米国景気が持ち直してきているようなムードの高まりのおかげでしょうか。相対的なドル高がしばらく続きそうです。