例年であれば「何が来年有望か」という話が多く出る時期ですが、今年一年を象徴するように、「今後の資産防衛について、どう考えるべきか」という話が飛び込んでくることが多くなりました。

 大きく資産を増やすことを考える以前に、まず大事な資産を守る術を知ること。その準備が整い、精神的にも余裕が出来てから投資を考えるのが今あるべき手順なのだろうという考え方です。
「増税を訴える前に、やるべきことがあるはず」
 私は初夢には早いですが、こんな夢を見ました。
「当時からこれしか言っていなかったですよね。金利は高い時、株は安い時、為替は円高の時に投資するに越したことはない。しかし、水準の底は後で振り返らなければわからないのだから、自分が割安だと確信した時はすぐを期待しないで投資してみる。さらに安くなったら、もっと安くなってラッキーと買ってみる。厳しい投資環境で、前向きにその繰り返しができるように精神の安定を維持することが何より大事と…くじけそうになりながら、続けて来られた相談者の皆さんを誇りに思います。」
  こんな夢を見たのは私自身が追いつめられているのか、それとも強い信念だからなのか。
正夢だと信じたい。消去法で米国株高、日本株の連れ高を予想しています。