たとえば日本株式相場は、これまで低位株主体の相場でしたが、配当利回り狙いで買われていた大型株の株価値動きも軽くなってきました。市場参加者に厚みが出てきたと思います。相当、やれやれの売りが出ているはずです。

 しかしながら、多くの銘柄は「なかなか下がらない」という下値が固い動きになっていますし、何よりも、最近当たり前になっている「月曜日の閑散日」に当たるにもかかわらず、先週の熱が途切れずにあることはこれまでには見られなかったエネルギーを感じざるを得ません。
 「今週は行けるかも・・・」という短期的な値上がりを期待する動きも久々に出てきたように思います。