正直、想定していた以上に「下がらない」相場が続いています。あのトヨタ株も久々に3000円大台に株価を戻してきました。ニューヨークダウ指数の13000、日経平均株価の9000円、トヨタ株の3000円をほぼ達成し、今後、この水準を意識して、下値を切り上げていく展開にバトンをつないでいけるかが注目されます。

 「この水準では買いたくないけど、下がったら少し買ってみようかな」
と考えているうちに、なかなか下がらない相場が続き、投資家の一部で「儲かった、儲かった」という景気のよい話しが聞こえてきて、これまで投資に慎重で全く買いを見送っていた人たちが「なぜ柔軟に買いの判断をしてこなかったのか?プロとして力量を疑う。このサラリーマン投資家めっ!!」と怒られる前に、買っていこう
 と押されて買わなければならない人が出てくるような展開があり得るか
 日本株ではなくて、米国株式に、こうした動きが出てくる可能性は高いと私は思います。そうなれば、その勢い次第で日本株も連れ高するでしょう。ニューヨークダウ指数13000ドルが頭を押さえる天井になるとは私には思えず、上昇基調の強い相場はまだ続いていく可能性が高いと思います。