相場がなかなか下がらない、底堅い展開が続いています。こうなると、安くなると買いたくなるし、やはりあの時取り敢えず売っておけばよかったと気持ちが不安定になります。

その時々で、今は売り、今は買いとテキパキ判断ができて動ければ問題ないのですが、なかなかそうはいきません。私のような不器用な人間は、大抵、売っても良い、買っても良い相場は苦手で、どんな状況が途中に現れても迷うことなく、「こうなったら売り」「こうなったら買い」とスタンスを決めてから相場の動向を眺めるように注意しています。
 まさに現在の相場展開では、この対応を心がけていたいと思っています。
目先の天井、底を当てることはあきらめて、相対的に割高な水準、割安の水準の目安を立てます。
もし、その割高な水準さえ目安が立たないなら買うのは止めます。売りを考えていたなら、少しは売っておきましょう。
割安だと確信が持てる水準が見つからないなら、買いは様子を見て、売ること一本に絞って、相場を眺めていきましょう。
 中途半端に確信もなく、「取り敢えず買ってみるか」は避けましょう。一方方向に上昇し続ける相場になるのはまだ先です。買うチャンスはジッと待てばいずれ来るボックス相場だと思います。
 言っている方向が違うように思う人も多いでしょうが、今回の上昇は久々の買いムードなので、意外と大きなものになるかもしれません。「行き過ぎだろ?」とみんなが水準を疑うところまで上昇する銘柄が出てくる可能性もあります。運良く、そういう銘柄に出会えた人にとっては、まだワクワク、ドキドキする時間は楽しめそうな気がします。
 押し目待ちに押し目なし。来週も引き続き、楽しみになって来ました。