米国株式、ドイツ株式の足踏みが続き、ついに日本株式の値の重たさが注目されるようになりました。少し弱気の虫が騒いでくると、一気に相場の先行きに自信が持てなくなるのは良くある話しではありますが、もし本日も欧米市場がモッタリとした展開で戻ってくると、強気と弱気の綱引きは一気に弱気組がセンターラインを引き込み、勝利が決定づけられそうです。

 「安く買えるなら、安くなるのを少し待つか」と買いが引っ込む可能性が高いのではないでしょうか?
しかし、そうなっても、株価の下げを見る度に弱気になっていてはキリがありません。
「買い遅れてしまった」と後悔した人は、再び、買うチャンスが来たと検討したほうがいいですよ。
 ただし、このタイミングで買っても、上値で買って抱えている人がたくさんできましたから、投資してすぐに報われるハッピーなケースは期待せず、ゴールデンウィーク明けまでに形にできれば程度の気長さを持って投資したほうがよいと思います。
 明日以降、日本株式相場が下落していく場面があったらの話しですけど・・・・。