大きく売られる材料はないけど、ここの押し目から株価が急騰する外部材料も新たになく、日本株相場の戻りは鈍く、やっと値を保っている様子に見えます。

 注目は、一昨日大きく急落した欧米市場は昨日小戻ししましたが、本日はどちらの方向に動くのか?反落から始まるのか?それとも、一昨日の下げを取り返しに行く強い展開になるのでしょうか?
 以前に比べて、商品相場が落ち着きを見せているため、リスク資産で短期的な値上がりを取りに行きたいと狙っている人は多いとは思いますが、これまでの相場の過熱感をぬぐうには、まだ少し時間的な調整が足りないように思います。「ええい、行っちゃえー」というタイミングではなく、買えるだろう目安を立てて、その時を待ちたいところです。配当取りを目的にした買い以外は、心移ろいやすく、意外な割安で拾える機会があるのではないでしょうか?