私は勘違いしちゃいけないと思っています。日本株が上昇しているのは米国株式に連れ高しているだけだと考えています。

 従って、米国株式上昇→日本株も上昇するかも知れない、連れ高しないかも知れない
      米国株式下落→日本株式も下落
 昨日、久々に米10年国債利回りが2%を離れて、2.27%まで急上昇しています。ユーロ危機が後退して、イタリア10年国債利回りが5%を割り込み、米10年国債利回りは異常な低金利水準であった2%から離陸しそう。つまり、安全資産である国債から、リスク資産に向かい出しました。米国債売り・米国株式買いで、米国株式の上昇に勢いが増しそうです。
 本来であれば、米国株式上昇→日本株上昇が期待できそうですが、個人的には、配当取りという特殊なニーズで日本株が買われてきた反動と、明確に、日本株に投資するよりも米国株という流れを受けて、米国株式上昇にはずみ+日本株は利益確定で失速という可能性が高まってきたように私は思います。
 相場に焦らず、下落しても泰然自若という心構えでいれるように、相場と付き合っていきたいと思います。