昨日は花見に出ました。どこも、人、人、人・・・でした。こんな日は、車で外に出るものではありません。「何でこんなに動かないんだあ」と不機嫌のオーラが車外に出ている大変な混み具合でした。

 個人投資家の人は、ある意味、みなさん、冷静なように見えます。
「この環境で、今、調整しているのは仕方ない。いずれの機会をじっくり待っています」
そんな人が多いのではないでしょうか?
「何故、上がらぬー??何故、下がる-??」とストレスを溜めている人は、これまで、じっと、円安・株高相場を眺めてきて参加していない人が多く、これまで、参加してきた人は意外と冷静。
 つまり、相場動向にじれて、関心を持ち出した、これから参加するかも知れない潜在参加者が増えてきていると言えるかも知れません。
 昨日の花見の混み具合を見る限りでは、「花見にでも行ってくるかあ」と人の腰が軽くなり始めているのは確かだと思いました。ゴールデンウィークの予約も順調だと聞きます。当面、人が感じる方向性は、悪い方向ではないと素直に捉えて良いのではないでしょうか?機会待ちです。