先行きの不透明さを恨み、存在感が薄い機関投資家に対して、個人投資家は果敢に円高を拾い、株安を拾う。「買って忘れる」投資行動が可能な個人投資家の持ち味が強みになる相場展開です。

 特に昨日なんかは、閑散な相場になって当然の機会でしたが、あのダラッと下げる場面でも、コツコツと株安、円高で割安になったものを拾っていた様子、東証1部の売買代金は1兆1570億円とまずまずの売買代金となりました。
 PBRは再び平均で1倍を割り込む水準に。ブラジルレアルの水準は、ドルに対しても、円に対しても、だいぶ安くなりました。すぐを期待せず、「買って忘れる」覚悟を決めた個人投資家にこわいものはありません。年末に向けて、「やはり、そうだったよね」と喜び合える時を楽しみにしましょう。