最近は、余り見なくなりましたが、本日の相場はこう動くと、過去の振り返りではなく、リアルタイムで具体的な銘柄を挙げ、細かな値動きまで予想し、実際の結果を継続して公開していく試みは、すごく勇気のある企画だと思います。

 私の記憶では、大抵の場合、予想者が「相場をうまく当てよう。綺麗に儲けよう。これがプロの運用だ」という気負いが空回りし、相場の動きにムキになって沈み込み、一発で損を取り返すべく、ハイリスクの集中投資が行き過ぎ、最後はとても普通の人が模範にできるような内容ではなくなって、企画が尻すぼみでフェードアウトしていくケースが多かったと思います。

 そういう企画の話しが私の元にもありましたが、「私自身がそういう企画にのめりこみ、真剣になる質だと分かっています。値動きの予想や銘柄選択に一生懸命になり、相場の動向に一喜一憂する自分が見えます。いい格好をしようとする自分が出てくるかもしれません。冷静に相場と向き合うことができなくなると、相談者への助言に悪影響が出るかもしれませんので・・」とお断りしました。凡人である私には、荷が重すぎると判断しました。
 相場に「岡目八目」は大事です。少し離れた立場に敢えて立たないと、この先どう対応したらよいかを柔軟に考えることができず、「これしかない」とか「何もできることはない」とか袋小路に入り込みやすくなります。
「何かできることはきっとあるはず」の平常心は、こんな環境だからこそ、保ちたいものです。